クリ拷問

前々からSっぽいところはあったの。
彼氏なんだけど、最初はすごく優しくて、こんなに優しい男っているのかなって思えるほどだったのね。
帰りはちゃんと家まで送ってくれるし、お迎えも嫌がらずに来てくれるし、いつも支払いとかは私が知らない間に払っててくれるし。
いつも笑顔だしね。
それで私も自然と体の関係になるのは、抵抗なかったの。
こんなに優しい人なんだから、大事にしてらえるって思ったのね。
だけど、彼、基本的にSだったんだよ。Sだったからこそ最初は必要以上に優しかったんだと思う。
飴と鞭、みたいなのを使い分けてたんだろうね。
クリ調教
エッチするようになってから、微妙に力関係が変わっていったのね。
クリ拷問もその一種。もともと観察系のSだったみたいで、私を脱がせて裸にして足を開かせてじーっと見てる、みたいな。
「ヒクヒクしてる。触って欲しいの?」って最初は優しい口調なんだけど、焦らしてること自体を楽しんでるようだった。
手足縛られたまま、大人のおもちゃ突っ込まれたまま放置ってこともあったし。
クリ拷問ってほどじゃないって言われればそれまでだけど、私はなんとなくその彼のSっぽさにだんだんと警戒心を覚えるようになったわけ。
このままいくと、本式のクリ拷問になっちゃうんじゃないか、って。
それで、クリ拷問でも相手はSで、調教されて洗脳されて、社会復帰できないまで破壊されてしまうんじゃないかって。
彼から猟奇的な匂いを感じ取っていたんだと思うの。それは本能的にね。
割り切りの意味
ホ別苺